FC2ブログ
 

- 下り電車も終了しました・改 -

音楽‡9/7嘉門達夫デビュー30周年ライブ@渋谷(長文です)

 今年はデビュー30周年!おめでとうございます♪ 
 前回行ったライブが半年前、その前はデビュー20周年ライブ(笑)
また行きたいなぁ、と思いつつ10年経っていました。

 109隣UNIQLOの6階、Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
「こんな建物初めて入ったわぁ」と関西弁がちらほら。
 映画館ばりのゆったり椅子にドリンクホルダー付き。ノンアルコールでレッドブルが選べます♪
前から二列目で真ん中から二番目!かぶりつきには花束を手にしたディープなファン。男子中学生かな?

 開演前、まさかの機材トラブルで映像が出ませんでした。
 スクリーンを片付けながら「こういうパフォーマンスですから」と言っていました。残念!

 今年は永島浩之さんがGtとハーモニカのサポートをされました。何曲かディレクターも務められている方だそうです。
 前回のライブはカラオケが入りましたが、今回はほぼアコースティック。二人が呼吸を合わせるときの独特のグルーブ感が心地よいです。
「生演奏はいいな。今度はバンドも連れてきたいな~」とおっしゃっていたので次回も楽しみです。
 一人ならチューニングなどしないんだけど、と言って2回ほどチューニングをしました。チューニングネタ「お・ま・え・は・ア・ホ・か・ー」が出ました。

 ライブの前半は、7月に大阪は万博広場で行われた「KAMON EXPO」のレポー トがメインでした。
 小学校6年生という最も多感な時期に万博、百回以上通い詰めた思い出の地。屋台も十数軒出て4時間(だったかな?)のイベント。主演者が本当に豪華。
 かつて前座を務めた際に「嘉門」の名を譲ってもらった桑田圭介に「おかげさまでここまで来られました」という内容のメールを打ったら、なんと返信が
「あの名前、返せー。」
 え……っ、今??
「KAMON EXPO」はいつか動画配信したいと言っておられました。見たーい!

 半年前のライブではセトリをメモしたのですが、今回は筆記用具を忘れて記録できませんでした。
 新曲「明石家さんまは眠らない(でしたっけ?)」や新ネタも披露。
 「お前誰やねん」シリーズが面白かったです。
「ジャイアンにいじめられたよう。何か道具出してよ。」「分かった、じゃぁドラえもんを呼んでくるね!」…お前、誰やねん。
「セーラームーンに代わって、お仕置きよ!」…お前、誰やねん。
「なまはげはいねーがー。なまはげはいねーがー!」…お前、誰やねん。
 笑いすぎて涙が出ました。

 30周年の記念CDは「笑う角には福来たる」です。30周年らしく対象年齢を高めに設定したそうです。多くのネタは40-代前後が対象なので、震災後に避難 所回りに行った際に「年配者向けの曲を作らなあかんな」と思われたと、前回のライブで言っていました。自分が老人になったら"老人のリアル"をネタに何歳になっても歌い続けたい、と語られました。

 20周年の時の記念CD「明るい未来」、台詞部分は"宅録"だそうです。明石家さんまはノーギャラな上に、てんやものの代金も払ってくれたそうです。ロビーで二人でエレベーターを待っていたところにちょうどおかもちを持った人が来たそうです(笑)有名人二人を見て驚いていたので、さんまさんはお笑いトークでサービスしたのだとか。

 今回「マヨおかき」が売られていました。私はシングルCDとビニル巾着袋をげっと。
 買ったCDやグッズにもれなくサインしてくれます。しっかり握手。
 一通り終わったら一緒に写メしてもらえます。
 子供達がいっぱい!「サングラス取ってー」とおねだり。いやだーといいながら撮影した後におもむろにサングラスをずらしたりして(笑)こりゃ人気が絶えないわけです。私も撮ってもらいました♪
 次は40周年?いや35周年? √また来るぜ~~!
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)